Message

Do you know the book titled "Beans: Four Principles for Running a Business in Good Times or Bad"? The book tells us about a small private cafe in Seattle where is neither a famous chain store nor located in a good location. Nevertheless, local people have loved the cafe for a long time, to such an extent that they wait in line in front of the cafe since morning every day. This is a true story in the best sense of the word. The cafe still exists in Seattle and I have a chance to drink a cup of cafe latte there. This book is a business book describing the reason why people love this small common cafe. The owner of the cafe holds the belief that, important things to run the cafe are Passion, Person, Personal and Product. These “four Ps” create aspirations and goals. If you don’t know what your goal is, you won’t notice that the goal is reached even if it was reached. It is said at the beginning of this book that,“everything arises from the passion”. In other words, passion is the most important thing. I think this is predictable and insipid, but I also feel from my heart that it rings very true. Many students in the Department of Science and Engineering go to graduate school without any clear reasons. They don’t know what they want to research for and what benefits they hope to get from the experience. Their real reason may be because of their friends. However, I want you to attend graduate school with these feelings: you do wonder what you see, you feel happy when you made something and they go the way you want them to, and you are enjoy when you understand something you don’t understand before. After all, when you've found an area you love, what could be better than spending time with it and getting to know it better? I would like you to keep in mind that the most important thing for doing anything is the belief and hope that the belief, “everything arises from the passion”, described in this book will stay in mind of young people who aspire to become researchers or engineers in the future. People who engage in education and development fields should put more effort into their research. If you work wholeheartedly on research, the research will give you an impression which you have never had. Young researchers who are going to do research on materials should practice “doing research with passion”. If you do so, you will be drawn into the wonderful world of research.

「シアトルの伝説のカフェ(文庫版):ビーンズ! (ランダムハウス講談社文庫)」という本をご存じだろうか? シアトルにある小さな個人経営のカフェが舞台だ。このカフェは、有名チェーン店でもなく立地条件が良いわけでもない。 それにも関らず、朝から毎日行列ができるカフェとして、地元の人々に長年愛され続けている。シアトルには、現在も、この店が実在しており、小職も一度立ち寄りカフェラテを頂いたこ とがある。この本は、なぜ、特段何も変わった点もない小さな店がこれほど愛され続けるのかという考察を述べた、いわゆる、ビジネス本である。
カフェ経営にとって最も大事なことは、Passion(情熱)Person(人) Personal(温もり)Product(商品)である。これが、この店のオーナーの信念だ。この4つの“P”が『志と目標』を生み出す。 どこへ行きたいのかわからなければ、目的地に着いても気づかないということになる。
この本の冒頭、「すべては情熱からはじまる」というフレーズがある。つまり、「情熱」こそ、一番大事であると。 この主張は、ある意味想定内であり、面白みに欠けている。一方、心の中心に突き刺さるような主張にも感じられる。 大学院大学化以後、理工系分野では、多くの学生が大学院に進学するようになった。一方、「なぜ、大学院に行くのか?」、「何が研究したいのか?」、漠然とした学生も少なくない。「周りが行くから・・・」というのが、多くの学生の本音かもしれない。小さな頃、 感じた「何かを見て不思議だなと思った気持ち」、「何かを作って思い通りにできたときの喜び」、「解らないことが解った瞬間の喜び」を持ったまま大学院に進学して欲しいと思う。理科離れが深刻化する昨今、この本にある「すべては情熱からはじまる」という信念が、これから研究者・技術者をめざす若手研究者の心に響くものであって欲しい。この信念が、 現在、教育および研究開発に携わっている自身にとっても、最も、「大切なこと」として心に留め、教育・研究活動に邁進していきたいと考えている。修士論文や博士論文に向けた研究で、もっと、もっと、 心を籠めて向き合うと、今までに経験したことのない感動を研究が運んできてくれる。
これから材料を研究していこうとする若い世代の研究者には、是非、『情熱から研究をはじめる』ことを体感して欲しいと切に思う。きっと、その先には、素晴らしい研究の世界が広がっている。

Nagahiro Saito・齋藤 永宏